プロパンガスと都市ガスの比較したらこうなる

プロパンガスと都市ガスを比較するといろんな違いを見出すことができます。

まず最初のプロパンガスと都市ガスの比較ではガスの性質で、プロパンガスは空気よりも重たいですが、都市ガスは空気よりも軽くなってます。これに関連して両者はガスの性質が違うので、使用するガスコンロはそれぞれに適合したのを使用しないとなりません。それを怠ると大事故のもとになり、ガスコンロ自体が故障するだけでなく、下手したら命を落とす原因になるかもしれません。次なる比較はガスの供給方法です。プロパンはガスをボンベに詰め込んで、それを各建物へトラックで搬送します。

到着したら作業員がボンベを手作業で運んで設置、既に設置していた古いのはトラックに回収して撤収です。しかし都市ガスは地中に埋めてるガス管から供給されるので、ボンベを運搬したり取り替えたりする手間と時間とコストを省けます。けど最初に地中にガス管を埋め込んで延長しないとならないので、日本全国どこでもというわけにはいきません。

従ってプロパンガスはその気になれば日本全国どこでも使用可能に対して、都市ガスはガス会社がある巨大なガスタンクからガス管が埋められて延長されてる地域までしか供給できません。特に離島や山小屋や過疎地になると地理的な事情も相まってしまい、現地ではプロパンが事実上独占する形になります。最後の比較は月額料金に反映されます。プロパンガスは地中にガス管を埋めないので初期コストは安いですが、何度もボンベを運搬取り換えしないとならないので、月額料金が高めです。それに対して都市ガスは運搬コストの分だけ月額料金が安めになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *