プロパンガスと都市ガスの比較

プロパンガスと都市ガスの違いとはなんでしょうか。

料金、火力、災害時の3つの視点から両者を比較します。まず料金面ですが、料金は都市ガスのほうが割安です。都市ガスは価格競争が激しく、設備の工事費用が抑えられることから割安になります。次に火力面ですが、こちらはプロパンガスのほうが熱量が約2倍と高めです。ただし、コンロによって火力に差が出ます。適正なコンロを利用することが火力の恩恵を受けるために重要です。最後に災害時の違いですが、災害後の復旧速度はプロパンガスに軍配が上がります。

地中のパイプを通して供給される都市ガスに対して、液体ガスが入ったボンベから供給されるプロパンガスはすぐに取り換えることができるためです。尚、安全性においては双方ともに違いはありません。ガス漏れが起こることは極めて稀です。万が一、ガス漏れが起きてしまった時には、窓を開ける、換気扇を回す等して対処します。換気と同時にガス会社に連絡することも忘れないようにしましょう。

双方を比較してみると、料金面では都市ガスに軍配が上がりますが、火力や災害時の復旧速度の面ではプロパンガスが有利といえます。ガス選びをする上で、予算や実用性を天秤にかけながら比較していくことが大切です。既にどちらか片方を利用していて切り替えたいというような場合には、業者によって費用や工賃が異なることがよくあります。複数のガス会社に見積もりを依頼して選択していくことで、なるべく金額を抑えることができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *